留学するのに1歩勇気が出ない?留学はもっと気軽にできていいと思いませんか?そう思った方はこちらを読んでください。

親子留学の費用を比較!オーストラリアとフィリピン留学の差は?

こんにちは!鈴木寛子です!

親子留学って皆さんどんなイメージをお持ちですか?

親子で留学?それって裕福な人がするんでしょ?

欧米諸国での親子留学は高いイメージがある。

もしくは、今後子供を本格的に留学させたいと視野に入れられている方もいらっしゃるかと思います。

でも親子留学って実際どの位の費用がかかるんだろう?と費用面も気になるところですよね!

今回は、親子留学で人気のオーストラリアとフィリピンの費用を比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

留学で気になる費用面

やはり海外留学をするのに、費用面というのは気になるところです。

単身の身ならある程度、自由にお金が使えますが、家庭を持ってしまうと子供の事や家のローンなどその責任感は人一倍です。

それでも国際化が進むこの世の中、子供に留学をさせたいと考える親御さんや、今後海外に移住したいと考えられる方もいらっしゃるかと思います。

もしくは今まで夢だった留学を子供ができてから一緒に叶えてみたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

欧米諸国(イギリス、ハワイ、アメリカ、カナダ、オーストラリアなど)では親子留学にかかる1ヶ月の費用は80万〜140万と高額になることが多いので、近年では格安のフィリピンへの留学をされる方も増えてきました。

本当にこんな金額がかかってしまうのかと、私自身びっくりしました。

というのも、当語学学校でご紹介している親子留学はこんなに費用がかかるものではありません。

そして場所もオーストラリアです。

え?本当に?と思った方、こちらで比較表をご覧ください!

親子留学するなら英語圏で安全な国で

 

こちらが期間別のオーストラリアとフィリピンの親子留学(0歳から5歳まで)の費用の比較表です。
お子さん1人、親御さん1人の料金です。
真ん中の列はオーストラリアの他の親子留学の費用となり、両脇黄色が当語学学校とフィリピン留学の費用になります。

いかがでしょうか?
さほど変わりませんよね?

こちらの費用には、お子様の保育料が月曜日から金曜日まで含まれていますし、お母さんの語学学校費用も含まれています。

またホームステイをご利用になれますので、食事の心配もありません。(お母さんはお昼ご飯だけご自分でご用意していただき、お子さんの食事は全て保育園で提供されます。)

ホームステイ先から保育園まで距離がある場合はホストファミリーが保育園まで送迎もしてくれます。

これほど至れり尽くせりなら、わざわざ治安や衛生面の心配をしてまで、アジア圏に留学をしなくても良さそうですよね?

また英語圏ですので、第一言語が英語です。
フィリピンは英語が第2言語ですので、時々間違った英語を使われていることもあります。
(これは実際、当語学学校の講師がフィリピン留学から当語学学校へ入学した生徒さんが何度も彼らの間違った文法の解釈を見ています。)

そして、フィリピン留学では、きちんとした教材が使われていない学校もあります。
これは海賊版教科書と呼ばれていて、韓国人向けに作られた白黒コピーでリスニングも付いていないどこから出回ってきたのかわからない教材です。

>>詳しくはフィリピンの語学学校に蔓延する「海賊版教材問題」

英語で書かれている教材はいいんです。英語を英語で学ぶのはいいことです。
それよりも、どこぞとわからない人が作った教材から学ぶということは間違った英語を学ぶということなんです。

これだと、いくら格安と言われていても時間の無駄のように感じてしまいます。

当語学学校ではこのように正規に販売されている教材を使用していますのでご安心ください!

もちろん人によって合う合わないはある

もちろんフィリピン留学に行っても何も危ないことなどなく健康に楽しく終わることもあります。
アジアは自分の肌に合っていて、欧米諸国はちょっと。。という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、変わらないくらいの費用で留学できるのであれば、私なら断然に安全と英語の質を重要視すると思います。

行く前からあれこれ健康上の心配もしたくないですし、街中を子供を連れながらビクビクして歩きたくないんです。

きっとフィリピンに行かれた方からは、何も心配なかった!と言う声を聞かれるかもしれませんが、総合的な治安を見ると何も起こらないとは言えません。その方が運が良かっただけかもしれません。

もちろんオーストラリアだって100%安全と言えるわけではありませんが、私は街中を緊張しながら歩くことはありませんし、行かない方がいい地域というのもありません。

初めての留学で嫌な思いをして終わってしまうよりも、楽しかった!また来たい!と思って終わりたくないですか?

なぜ当語学学校の親子留学がフィリピンとほぼ同じ料金でできるのか?

オーストラリアの平均的な語学学校の料金は週$350(約3万5千円)ほどです。
私は自分自身がワーキングホリデーをしている時に、この金額に疑問を思いました。
でも、オーストラリア中の学校がこの料金ならこれが普通なんだと思っていました。

ですが、日本の物価から考えるとこの料金ですと、沢山の方が長期で勉強することが難しいというのも事実です。または何年もかかってやっと実現するので、日本で仕事をしながらコツコツと貯金をしなければならないので途中で目標がブレてしまうことも。

そこで当語学学校では、おしゃれな施設や大きな学校ではなくてもちゃんと英語が勉強できるように、また無理なく出来るだけ長く勉強ができるようにできないかと思い、小規模にすることで少しでも多くの方に学んで欲しいと思いスタートしました。
オープン以来、海外留学を諦めかけていた方達から好評をいただいております。

お母さんの語学費用を少しでも抑えることで、フィリピンとほぼ同じ料金で親子留学を実現できるんです。

ただ安いからと言って、適当なレッスンや質の悪いレッスンは行っておりません。
先生と生徒さんの距離も近く、いつでも会話ができるような雰囲気作りをしています。
下記は、親子留学を当語学学校でされた方たちの一部感想になります。

当校で親子留学を経験されたEさん

IWHPで週末のアクティビティを色々選ばせてもらって組んでくれたり、クラスにも日本人以外の方もおられて英語以外も勉強になり、色んな年代の人共仲良くなれて良かったです♪アダムの勉強も実際にすぐ実践出来る英語を習うことが出来、面白い事をいいながら楽しく勉強できました。娘も9才にして色んな事を経験しましたが、帰りの飛行機ではまた行きたいと行ってたので辛いこともいい体験になって成長したのかなぁと思いました。
中学受験か留学を考えてましたが、本人は留学したい意欲が少しわいたみたいで小学校卒業迄の3年間でどうするか進めて行きたいと思います。
色んな貴重な体験をさせてもらえたIWHP に感謝しています。
有難うございました。

当校で親子留学を経験されたMさん

初めての親子留学でしたが、ホストファミリーにも語学学校にも恵まれ、とても貴重な体験となりました。
ステイ先は老夫婦で、孫のように息子を可愛がってくれました。息子の宿題をパパがとても張り切って一緒にやってくれたのが微笑ましい光景でした。
語学学校は、先生のアダムがとても陽気で的確で楽しく勉強できました。チーム対抗ゲームが盛り上がりました(笑)日本人スタッフのヒロコさんにも、毎日のように、『ホストファミリーに◯◯と言いたいのだけど、英語で何と言えばいいですか?』など教えて頂いてとても心強かったです。
宿題でホストファミリーに『大切なものは何ですか?』と尋ねるものがあり、それをきっかけに話も広がりとても良かったです。
語学学校のワーホリで来ている若者達にも仲良くしてもらってとても感謝してます。みんなで海に行ったりとてもいい思い出になりました。
他にもテニスクラブやサーフィンスクールにも通い、そちらもとても良い経験になりました。
日本でも英語に触れる生活をしていますが、家庭の中での英語やテニスクラブでの英語、語学学校での英語、サーフィンでの英語…と日本では経験出来ないことがたくさん出来たと思います。
今は目に見えて変わったことはないけれど、これからの人生に対する考え方の幅が広がる経験になったのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
フィリピン親子留学とオーストラリア親子留学の相場を見てみて、そんなに違いがないことがお分かりいただけたかと思います。
またオーストラリアの保育園は毎日行かなくても大丈夫です。
3、4日だけ子供を預けたい!というようなフレキシブルなご相談も受けられますので、もし良ければ当語学学校の親子留学についてご覧になってみてください。

ママがハッピーになる親子留学プログラムについて見てみる

 

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました