まだワーホリするのに留学エージェントに頼ろうとしているならここを読んでください!

オーストラリアの幼稚園でお仕事体験プログラム

こんにちは!IWHP留学アドバイザーのHIROKOです。

今回はオーストラリアでお仕事体験プログラムについてご紹介します。

このプログラムでは「海外に興味のある保育士さん、保育士の卵さん、 子供の教育に関心がある方」が、「オーストラリアという英語圏でお仕事体験」を通し、「海外の幼稚園で実際に行なっている教育方法を学ぶ事」ができます。

日本でも、保育園や幼稚園で英語の授業を取り入れ始めている事が多く、先生も英語のコミュニケーションが問われる事が多くなってきました。

自分が英語もわからないのに、子供達に英語を教えるなんて無理な話ですよね?
日本語を知らないオーストラリア人が、子供達に間違った日本語を教えているようなものです。

実地経験を積む事で、オーストラリアで使われている絵本、教育教材、歌やチャンツ、躾の仕方を自分の目で学ぶ事が出来つつ、英語で子供達にどうやって話しかけているのか、実際の目と耳を通して知る事ができます。

さらに幼稚園でボランティアを経験することは、「将来英語教室を開業したり、子供英会話教師になりたい方」にもメリットがあります。

現地で使われている教育教材や英語でのアプローチ方法を知っているからこそ、将来、職場や自宅開業された時によりネイティブに近い素材を使う事ができるようになるでしょう。

また、本や歌の名前、使っている教材などを覚えておく事で、将来ご自分のキャリアで役立つ事ができるんです!

英語を子供に教えるなら、言葉を覚えていくのが一番盛んな子供達が集まった保育園でその教育方針を盗み取るのが一番です。英語力が心配な方は、まずIWHPで一般英語コースで英語の力を付けてからボランティアに参加しましょう。

スポンサーリンク

ボランティアに参加したことによって、教育の違いを知る事ができた皆さんからの感想

ホームステイを通して、家族や子供他比と触れ合う機会が多く、オーストラリアの子供達の家と外での、教育の仕方ってどんな感じなんだろうって興味を持ち始めた時に、ボランティアを知り今回参加してみました。 今回、ボランティアを通して、子供通しの関わり方、それぞれの個性、教育する難しさを知りました。 また、オーストラリアではお父さんがベビーカーを押す姿や幼稚園の送り迎えをする姿を沢山見ました。ボランティアに参加して沢山の発見と経験が出来た事の時間は私にとって、とても貴重な時間となりました。

kaori

私は日本でずっと保育士をしていました。その中で最近は英語教育を取り入れている幼稚園が増えてきており、保育士にも英語のスキルが求められる時代だと感じました。その為、英語を使っての子ども達とのコミュニケーション方法や海外の幼稚園での集団生活の様子を自分の目で見て体感したいと思い今回希望しました。色々な国の文化や価値観が共存している環境作りに魅力を感じとても勉強になりました。日本とオーストラリアではこういった様々な違いがありましたがどちらは良い悪いではなく国民性が現れていて非常に面白いなと思いました!

IWHPの幼稚園ボランティアの特徴

出発から現地に到着されるまで日本人スタッフ(HIROKO)とのやり取りで、英語コースの期間、ボランティアの期間などプランを立てていきます。全てゴールドコーストにいる現地日本人スタッフが仲介いたしますので、安心です。ボランティア初日も日本人スタッフが一緒に同行いたします。

幼稚園ボランティアで出来ること。

主に、先生や子供達のアシスタントをします。
オーストラリアの幼稚園は、時間割というものがなく、大まかな1日の流れで動いて行きます。
また先生が主体で子供達と何かすることは少なく、子供達の自主性が問われる事が多いです。
きっちりと決まっていないからこそ、あなたが出来ることは沢山あります。
オーストラリアの子供達は日本の文化が大好きです。
チャンスがあれば、簡単な日本語を教えてあげたり、過去にはお寿司をみんなで作ったりした事もある方もいらっしゃいます。

1日のサンプルスケジュール
Time KindyVolunteer work
9:00Kindy Start. 子供達はOutside(園庭)で遊んでいます。Outsideで子供達と一緒に遊ぶ。お絵描きやブロックなど。
9:15少人数ずつ先生に呼ばれて中へ(手洗いする) Tea time(おやつなどを食べる)後片付けして部屋へ
10:00描き、ままごとなど)点呼を取っている間に、Tea time後の後片付け。(食器、机、イス)モップ掛け。一緒に遊ぶ。
11:00片付け 読書の時間昼寝の準備、掃き掃除、マット準備。 子供達が持って来ているシーツを出す。
11:30ランチタイムランチの準備、終了後の片付け
12:15昼寝タイム
13:00室内遊び(パズル、おもちゃなど)一緒に遊ぶ。
13:45iPad使用して、ダンス体を動かす遊び。
14:15おやつタイム準備
15:00ボランティア終了!

ボランティアに参加したいが、どうやって幼稚園を探すの?

知らない国の幼稚園を1つ1つ探して英語で問い合わせる事は多大な労力がいります。
私が現地オーストラリアにいるからこそ、滞在先や学校から無理なく通える幼稚園を選定しています。
都市はゴールドコーストを限定しております。

IWHPの幼稚園ボランティアの特徴2

ボランティアって、誰にでも出来て簡単そうなイメージがありますよね?
お給料ももらってないので、人手不足の先生たちの役に立ってるんだからいくらでもボランティアさん取ればいいじゃないって思われるかもしれません。
実は幼稚園ボランティアに参加するのって簡単なことじゃないんです。
海外インターンシップと同じくらいのレベルで挑んで下さい。

というのも、オーストラリアの教育機関は、政府から綿密に作られたガイドラインの元、運営されています。特に子供に対して手厚い保護のあるオーストラリアは、誰だかわからない他所の人を施設に入れることを拒みます。

例えボランティアであったとしても、施設によっては全くボランティアさんを受け入れていない所もあります。

なので、IWHPを通してボランティアを参加される方は、本当にラッキーです!
ちゃんとボランティアの方OKな施設をご紹介しておりますのでご安心ください。

参加費のご案内

AUD550

含まれるもの

  • 幼稚園のアレンジ
  • ボランティア時に必要なブルーカード申請料
  • 初日IWHPスタッフの同行
  • 何か困った時があった時のサポート

[btn class=”big lightning”]お問合せはこちらから[/btn]

ボランティアだけど、参加費を払うの?

ボランティアなのになんで参加費を払うの?と思われる方、いらっしゃるかもしれません。
上記でも述べている通り、オーストラリアの教育機関に潜入するのには至極の技が必要です。
それはオーストラリアに住んでいる人でも難しい事があります。

皆さんの代わりに、ボランティアに問合せ、皆さんが安心してボランティア出来る環境をご用意する事が私の使命となりますので、その代償を少しですが頂いております。

もし「自分で探せるわ!」という時間もあって英語力にも自信のある方は、是非ご自分で施設にお問い合わせされることお勧めします!

お申込みの流れ

ご出発から6ヶ月から1年前

ボランティア参加には、ブルーカードの携帯がマストになります。この受け取りに最大2ヶ月かかるのでお申込みは余裕を持ってお願いいたします。

 

 

①お問合せ

まずは初めの1歩を♪
留学に対して不安に思っていること、
語学力に対して、
オーペアについて、IWHPについてお気軽にご相談ください!
[btn]
留学のご相談についてはこちら[/btn]

*相談後に申込まなくてはいけないということはございません。
私達は自分がやられて嫌なことはしませんので、相談後の執拗な勧誘もいたしておりません。
いつでも解除可能な役立つメルマガのみ配信しております。

②お見積もり&お申し込み

留学の不安がなくなったら、具体的にコースのプランを詰めていきましょう♪
お見積もりもさしあげます。
全てにご納得いただけたら、その後お申込みとなります。
*お申し込み後ご出発まで3ヶ月以上ある方は、前金として2万円をお願いしております。
こちらは後ほど授業料から差し引かれます。

ご出発から6ヶ月から3ヶ月前

③出発まで日本で準備

 出発になるまで、日本で各種準備しましょう。
この間も気になることがあればいつでもメッセージください!

  • パスポート更新または作成
  • ビザの申請(ワーキングホリデービザは早めに申請しましょう!)
  • 海外保険の申込み
  • 航空券の購入
  • 役所にて転出届

[btn]ワーホリ準備講座メルマガも読んでみてくださいね![/btn]

ご出発から1ヶ月から2ヶ月前

 

④ホームステイ先が決まります。

どんなファミリーになるかワクワク!ファミリーに挨拶のメールを送るのもgood!
この時点でご請求書をお送りいたします。
お支払いは、日本の銀行へお振込(海外送金代行料5000円)、
クレジットをご希望の方はPaypalにてお願いしております。

ご出発1週間前


空港ピックアップの詳細を送りいたします。
IWHPがお送りする持ち物確認リストで忘れ物がないかチェックしてください。

WELCOME TO AUSTRALIA!
皆さんにお会いできること楽しみにしています!IWHP studetns

日本の英語教育をより良いものにして行きましょう!

私も、ワーキングホリデーをする前、海外で1年間暮らして、英語を習得して子供に英語を教えるようになりたいと思いました。

日本で児童英語講師の講座も受講しました。その時に、フォニックスの大切さを学び、その講座のオーナーである方自身が、日本へフォニックスを導入した創始者であったのです。

その方はアメリカに駐在しており、その方の子供達がチャンツやフォニックスを学んでいく姿を見ており、アメリカの子供達が使っている教材を日本へ取り入れ、近所の子供達へ英語を教え始めたのがきっかけです。

オーストラリアで見かける教育教材は日本の英語の教科書とは全くもって違うものです。
また本屋に行けば、子供向けの絵本、DVD, 歌が当たり前に並んでいます。

まさに素材の宝庫なんです!

このプログラムは、英語教室を将来開きたいと思われている方にも向いています。

学生の休みを使っての参加、前職と新しい職との間の休憩期間、どんな時にでも隙間時間はあるはずです。

情報は新しいうちに取り入れた方が、即効性があります。

皆さんの将来の生徒さんたちが楽しんで英語を学んでもらうことを祈っております。

最後に。

留学に早いも遅いもないと思っています。

早い時に留学に行っていれば、もっと視野が広がるだろうし、

ギリホリで来たって、落ち着いた目で世界を見る事ができます。

一番もったいないのは、行きたいと思っているのに行動に起こさない事。

私は27歳(実際は28歳の年になる時)に渡航しました!

もっと早く来ていればよかったなぁ〜とも思いましたが、

その歳で自分の夢を叶えたのは、自分にとって一番ベストのタイミングだったんだと思います。

今はワーキングホリデーする前に思い描いていた自分と、全く正反対の道を歩んでいますが(笑)、

あの時、行動を起こした自分がいたからこそ、今の自分がいるんだと思っています。

決して、簡単な道ではありませんでしたが、その分、私は自分の人生を思いっきり楽しんでいると胸を張って言えます!

幸せの基準は人それぞれ違いますが、自分の夢を叶える幸せは諦めないで下さいね。

少しでも沢山の方とオーストラリアで出会える事、楽しみにしております。

留学のご相談についてはこちら

オーペア資料無料ダウンロード

オーペアプログラムオーペアについて知っていただくまず一歩として、当学校ではこちらの無料資料をオススメしています。
オーペアってどういう風にしたらなれるの?オーペアに向いてる人は?
逆に向いてない人は?
ファミリーとのコミュニケーションについて。英語でどうやって伝えたらいいんだろう?
そんな疑問を全34ページにまとめています!
頂いたメールアドレスにダウンロードページを添付しております!最後まで読んでいただいた方にはお得な特典が
!詳しくはE-bookの最後で。

ワーキングホリデーの準備でお困りの方へ!

ステップバイステップでわかるワーホリ準備のために必要な情報を配信しています!

ワーキングホリデーについて調べすぎて混乱してしまっている方。
情報が多すぎてどれを頼りにしていいかわからない方。
多すぎる情報をこちらでギュギュッとまとめました。
12日間このメールを受け取るだけで、ワーホリの準備はOK!

オーストラリア幼稚園ボランティア
スポンサーリンク
海外生活してみたくなったらシェアお願いします!/
他のSNSも気になる方はこちらもどうぞ!
ゴールドコーストにある少人数制語学学校IWHP
タイトルとURLをコピーしました