留学するのに1歩勇気が出ない?留学はもっと気軽にできていいと思いませんか?そう思った方はこちらを読んでください。

オーストラリア日本人会主催の福島震災のチャリティーイベント

こんにちは!鈴木寛子です!

さて、今日は震災から2年の月日が流れました。
各新聞やネットでのニュースで、大分復興してきている画像等を見て、
良かったなって思う反面、やはり大切な方を失われた方々の気持ちはまだまだ癒されていないと思います。

私は、こちらに居て、テレビを付けたらいきなり、真っ黒な水が住宅地を飲み込んでいくニュースを見て、「ここはどこ!?日本!?」と思い、友人達が安否の確認をしていた事を良く覚えています。

地震の規模もよくわからず、両親にすぐに電話し、安否を確認(うちの母も、大きな地震があって歩いて帰って来なければいけませんでしたが、そんなに大事になっているとは家に帰ってテレビを付けるまで気づかなかったという、相変わらずの天然?ぶり)

日にちが経つに連れて、被害の大きさが分かって来て、なんとか家族をオーストラリアに呼びたいと考えておりました。

近くに居ても何ができるかわからないけど、この時ばかりは家族が遠くに住んでいることに恐怖に感じました。
地震、津波だけじゃなく、原発の爆発による2次、3次災害・・・。
2年経った今も、課題は山積みですが、日本政府にはまず「自分の事ばかり考えるのではなく、日本国民の事、未来の子供達の事、未来の日本の事」を考えて欲しいと思うばかりです。

そして、昨日はオーストラリアの日本人会の方達によって、震災のチャリティーイベントが催されました。
undefined
太鼓や日本舞踊のパフォーマンスが行われたり。
undefined
日本酒の試飲ができたりしました。


版画。懐かしいです。版画をすりすりする時のあの道具がたまらなく懐かしい!
undefined
お抹茶を飲んで、募金!

津波直後の写真が飾られていたり、
undefined
書道のパフォーマンス。
undefined
この本読んでみたいな。(ちょっと高くて買えませんでした)

少しでも早い復興を心よりお祈りしています。

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました