留学するのに1歩勇気が出ない?留学はもっと気軽にできていいと思いませんか?そう思った方はこちらを読んでください。

大学受験に失敗したから留学?ギャップイヤーがあってもいいじゃないか

こんにちは!鈴木寛子です!

今日は高校卒業後の進路についてお伝えしようと思います。
もうすぐ4月。日本は新生活の時期ですね。
特に高校生にとっては、就職、大学進学と大きな節目を迎える時期なので、周りの友達の進路が気になるものです。

志望校や希望の就職先が決まってハッピーな気持ちの人以外にも、今年は残念な結果になってしまった方もいらっしゃると思います。
これからの進路どうしよう?と悩まれている方。
そんな時、ギャップイヤーを考えてみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク

受験失敗をチャンスに捉えてみよう

まずは受験勉強お疲れ様でした。
どんな結果になろうとも、あなたのその頑張った過程こそが大事です。

親の期待に応えられなかった。
浪人することでの精神的、金銭的な負担。
友達と比べてしまう。

様々な気持ちが渦を巻くと思います。
今は精神的にも辛い時かもしれませんが、これがラストチャンスではありません。
志望校に受からなかったとしてもそれは何かのご縁だと思ってみてください。
上手く行かなかったのであれば、それはあなたにとって大事な事なのです。
人生には偶然は絶対に起きないと言いますね、今回はこれで良かったのです。

当然ですが、一緒に頑張って来たご家族の皆様方も無念だとは思いますが、不合格にもお子さんにとって大きな意味があるだと思ってください。
この機会に、お子さんにとって最善の道をもう一度話し合ってみてはどうでしょうか?
もしかしたら進学だけがお子様に残された道ではないかもしれません。
もしくはまだ何をしたら良いのか決まっていないのであれば、ギャップイヤーをしてみるのはいかがでしょうか?

ヨーロッパの高校生が当たり前に使うギャップイヤー

ギャップイヤーとは”Gap year”と書きます。辞書で調べると、

⦅英⦆卒業してから大学に入る間の年〘旅行や労働体験の機会となる〙

と出て来ます。

ヨーロッパの高校生(オーストラリアもそうなのかな?)は、高校卒業後、すぐに進学や就職という道に走らず、このギャップイヤーの間に自分の好きなことをして過ごす傾向があります。

好きなことと言っても、インターンをして企業で働く経験を得たり、ワーキングホリデーや世界中を旅したり、ただダラダラ過ごすのではなく何か目標を持って過ごしています。

英国圏の大学では、ギャップイヤーをつかってさまざまな体験をすることが推奨されており、そのために入学までの期間はあえて長めに設定されています。この期間を使ってアルバイトなどで学費を稼ぐ人も多いですが、語学留学やボランティア活動、海外での就労(ワーキングホリデー)をする人も多いそうです。
ギャップイヤー制度とは|世界一周や無人島生活など、学生が思う「今しかできない挑戦」

と言うように、もう国が制度としてギャップイヤーを設けているんですね。

自分でギャップイヤーを作ってみたらどうだろう?

日本では、大学受験が終わったらすぐに入学!と言う流れがあります。
大学は入学時期について待ってくれませんよね。

だったら、ギャップイヤーを自分で作ってしまってはどうでしょうか?

言ってしまえば、浪人時代をギャップイヤーにしてしまえ!という事です。

その間に出来ることは2通りあります。

次の進路が決まるまでワーキングホリデー

ワーキングホリデーは18歳からスタートすることができます。
当語学学校でも、高校卒業してからすぐにワーキングホリデーを始められる方が増えて来ています。

日本と協定しているワーキングホリデーができる国で、1年間、語学留学、仕事、旅行、ボランティアなど、ほぼ自分でやりたいと思ったことをすることができます。

日本ができるワーキングホリデー協定国一覧

【アジア・太平洋】
韓国、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランド

【ヨーロッパ】
イギリス、フランス、ドイツ、アイルランド、デンマーク、ノルウェー、オーストリア、ポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキア、スペイン、ポルトガル

【北南米】
カナダ、アルゼンチン

時間はいっぱいありますので、ワーキングホリデーをしながら受験勉強をし、アルバイトをしながら少しでも学費を貯めることができるといいですよね。

また、外国に出ることは自立に繋がり、自己判断力や管理能力が身につきます。
これって後々、大学生や社会人になっても大切な力の一部です。

自分のことは全て自己責任の元で行い、今まで親に頼って来た時代に終止符をつけませんか?

また絶対に1年いなくてはいけないと言うことはないので、半年間でも帰国は可能です。
(ただちょっともったいない気がしますけどね)

次の進路が決まるまで短期留学

もし長期で海外に出るのが難しい人は短期留学をしてみるのもいいんじゃないでしょうか?

オーストラリアを例にとると、3ヶ月間観光ビザで滞在することができるので、この期間に語学学校に通うこともできます。

ホームステイやデミペアをしながら滞在もできますので、英語力向上も可能です。

>>ホームステイについては短期で留学するなら高校生にはホームステイがオススメ!

>>デミペアについては90日間英語脳獲得プログラム

また将来保育関係の仕事に就きたい方は、ボランティアをすることも国によってはできます。

>>ボランティアについてはオーストラリアの幼稚園でお仕事体験プログラム

高校卒業してすぐに就職や進学を選ばなかった方の体験談

ここで、当語学学校の元生徒さんで、高校卒業後すぐにオーストラリアへ渡航された体験談をご紹介します。

ワーキングホリデーを始めたAちゃん

Q ワーホリをしようと思ったきっかけ
私は好きになった人が外国人の方で言葉の壁にぶつかっていました。
中学生から英語は大の苦手で避けていたので知識ゼロの状態。
その人と話せるようになりたいと思って英語を学びたいと思ったけど、日本で学ぶより海外で英語環境に身を置く方が早いと思ったからワーホリをすることを決めました。
Q ワーホリする際の不安
A 言葉の壁が不安でした。本当に私の知っている英語は I have a pen. くらいだったのでコミュニケーションを取れるのか不安でした。
Q 実際ワーホリしてどうだったか
A ワーホリをして大正解でした。実際、不安に思っていた言葉の壁も最初は感じますが 徐々に英語環境になれていき、そこまで感じなくなったし、なによりみんな、私が話せなくても温かく見守ってくれているので不安になることがなかったです
現地で出会った友達は日本に帰国した今でも仲良く、同じ境遇にいたからこそ分かり合える大切な友達もできました
Q 帰国してからの心境の変化
A. 英語への苦手意識がなくなりました。
外国人観光客の人たちがいたら自分から話しかけれるようになりました。
日本に帰ってきても意識的に英語に耳を傾けるようになりました!
学校卒業後にセカンドビザを取るために、ファームも体験したAちゃん!日本にいたらこんな体験なかなかできないですよね!

大学受験の短期留学を始めたNちゃん

 
Q 短期留学をしようと思ったきっかけ
ほんとは1年したかったけど、お金の事情と受験の事情があって短期にしました!
Q 短期留学をする際の不安

不安だった事は初めての1人海外で飛行機の乗り間違いや日本人に会うまで全く話せる人がいなかったことです!

Q 実際、短期留学をしてどうだったか

英語を完全に習得することは不可能だと思うけど、新しい友達や日本と違う環境に出会うたびに自分の世界が広がると思います!

Q 帰国してからの心境の変化
帰国後は自分の将来に海外を考えるようになりました!
短期でも自分の考えの幅を広げるという面では十分に大きな経験でした!
短期留学中も受験勉強をしながら、短期留学を楽しんでいました!
また今ではオーストラリアの専門学校に進学しようか考え中だとのことです。

進学や就職が全てではないと言うこと

これを読まれている方が、高校生のお子さんを持つ親御さんか、はたまた受験が上手くいかず色々と模索している時に見つけてくださった18歳、19歳の方かはわかりませんが、

私は、進学や就職は全てではないと思っています。

人生はとても長いです。色んな事を吸収できる10代から20代の人達こそ、決められたレールの上を進んで行くのではなく、時には立ち止まって脱線してみたって良いんです。

皆が皆同じ道を進まなくてはいけないなんて、なんだか面白くないですよね?

もしあなたが、「将来、英語を使った仕事がしたい!」と言う漠然な思いがあったり、「外国人ともっとたくさん喋れるようになりたい!」と言うようであれば、ギャップイヤーを使ったワーキングホリデーや短期留学も一つの選択肢に入れることができます。

そして、今後、日本でも2ヶ国語を必要とする企業はもっと増えてくるでしょう。
その時に、第2言語だけではなく、他国の人とも同等に喋れる立場の人になることが私は必要だと思っています。
以前のブログでもお伝えしましたが、いくらTOEICでハイスコアを持っていても英語でコミュニケーション取れない人は実際とても多いんです。

>>詳しくは会社で急に英語が必要になった!どうしよう!TOEIC800点あるけど喋れない!

またお給料の面でも大きく変わってきます。

キャリアインデックスでは全国の1000人(※)に語学力と本人の年収を調査したところ、年収700万円以上の人は約半数(48.7%)が英語での日常会話や読み書きが出来ると回答しました。年収500万円から700万円未満の人では34.0%、年収500万円未満では22.4%となり、英語力と年収の明らかな相関が見られる結果となっています。
参考ウェブサイト:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000018685.html

英語だけではありませんが、他の言語が喋れるようになると確実に世界が広がります。
もしかしたら日本ではなく、活躍の舞台が海外へと変わるかもしれません。

こう考えてみると、一歩立ち止まって違う道を見てみるのも悪くないと思いませんか?

もし良ければこちらの記事も参考にしてみてください。
あなたの未来がもっとキラキラしたものになりますように!

Follow me!

ワーキングホリデーの準備でお困りの方へ!

ステップバイステップでわかるワーホリ準備のために必要な情報を配信しています!

ワーキングホリデーについて調べすぎて混乱してしまっている方。
情報が多すぎてどれを頼りにしていいかわからない方。
多すぎる情報をこちらでギュギュッとまとめました。
12日間このメールを受け取るだけで、ワーホリの準備はOK!

語学学校について
スポンサーリンク
海外生活してみたくなったらシェアお願いします!/
他のSNSも気になる方はこちらもどうぞ!
ゴールドコーストにある少人数制語学学校IWHP

コメント

タイトルとURLをコピーしました