留学するのに1歩勇気が出ない?留学はもっと気軽にできていいと思いませんか?そう思った方はこちらを読んでください。

親子でホームステイをする時に気をつけたほうがいい3つのこと

こんにちは!鈴木寛子です!

親子留学の滞在方法には2つのタイプがあります。
1つはホームステイ、もう1つはコンドミニアム(アパートタイプの滞在施設)です。

現地の人たちとも交流したい場合はホームステイを、プライベートな空間が欲しい人はコンドミニアムをお勧めします。

ホームステイはファミリーがご飯を作ってくれますし、現地に詳しい人たちから色々なお話が聞けるというメリットがありますが、小さい子を連れてのホームステイは心配がつきものです。

今回は、親子でホームステイファミリーとの過ごし方をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

親子でホームステイをする時に気をつけたほうがいいこと①赤ちゃんの設備は揃っているか


ホームステイの情報を受け取ったら、ホームステイ先に赤ちゃん用の設備は整っているのか確認しておきましょう。

ベビーベッドはあるか?赤ちゃん用のハイチェアーはあるかなど、必ずあなたが必要とするものはあるかどうかの確認をしましょう。
特に車を使う場合は、チャイルドシート着用は必ず必要になってきます。
ホストファミリーが車を運転する場合でも必ずチャイルドシートを装着してもらいましょう。
お子さんが泣こうが嫌がろうが、チャイルドシートに乗せていないと、罰金を取られてしまいます。

ホームステイ先は必ずしも親子留学用に準備されているお家だとは限りません。
もしご自分が必ず必要なものがあれば、レンタルもできますのでホームステイ先に置いてもらうようにしましょう。

>>ゴールドコーストでベイビー用品が借りれるウェブサイト

日本と言い方が違う赤ちゃん用品の英語
ベビーカー → Pram(プラム)
ベビーベッド → Cot(コット)
チャイルドシート → Baby seat もしくはBooster seat
オムツ → Nappy (イギリス英語)
オムツ交換台 → Change Table
離乳食 → Baby food

親子でホームステイをする時に気をつけたほうがいいこと②ホストファミリーに頼りすぎない

これは3歳から5歳くらいのお子さんにあるのですが、お子さんがホストファミリーにべったり一緒にいることがあります。その間、お母さんが自分の部屋に篭っていて何か別のことをしているんです。

もちろん悪いことではないんですが、お母さんもなるべく子供と一緒にいるようにして、ホストファミリーとお話しするようにしましょう。

ホストファミリーは面倒を見てくれる人ではありません。
彼らもリラックスしたい時があったり、忙しい時があったりします。

もし少しの時間子供の相手をして欲しいのであれば、ちゃんとお願いしてからお母さんは別のことをするようにしましょう。

またファミリーが車を運転してくれるからと言って、いつでもどこでもファミリーに運転をお願いするのも遠慮しましょう。
ゴールドコーストはバスが通ってますので、自分で場所を調べてバスに乗るのも練習になって楽しいですよ!

>>ゴールドコーストのバスの乗り方はこちらを見てください!ゴールドコーストのバスの乗り方教えます!アナウンスなんてありません!

親子でホームステイをする時に気をつけたほうがいいこと②神経質になりすぎない

これは特に赤ちゃんがいらっしゃるお母さんによくあるんですが、オーストラリアでは土足でお家に上がるファミリーもまだまだたくさんあります。

赤ちゃんがハイハイする時、床に転がっている時、みんなが土足で上がる場所にズリバイでいられることに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

心配になるのはわかりますが、考えてみてください、オーストラリアの赤ちゃんも同じ環境で育っているんです。少しの汚れで病気になったりすることはありません。
気になる方は、ブランケットを敷いてそこに赤ちゃんを寝かせるようにしましょう。

それでも赤ちゃんは色んなものに興味を持ちます。誤飲や危ないものに触らないように常に気をつけておきましょう。

また、日本ではないような躾の仕方があったりします。
オーストラリアの子育ては日本に比べてもっと気楽に構えているような気がします。
そう言った違いを学ぶのにもいい機会ですよね!

まとめ

郷に入れば郷に従えと言いますが、私も自分で子育てをしていてびっくりするような子育て方法を教えてもらったりすることはいっぱいあります。

もしホストファミリーにそう言ったことを教えてもらえるのであれば、また楽しいですよね!

今まで当語学学校で、チャイルドシートを付けずに運転していた方やお母さんがいたり、いつもお部屋にこもってしまっている方など実際にあったことです。

知らなかったならしょうがないですが、オーストラリアのルールをちゃんと知り、もっとこんな風にしたらお母さんも楽しめるのになって思うことばかりです。

せっかくの短期留学ですので、お子さんもお母さんも思いっきり楽しんで欲しいなと思ってます!

ママがハッピーになる親子留学についてはこちらから

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました