留学するのに1歩勇気が出ない?留学はもっと気軽にできていいと思いませんか?そう思った方はこちらを読んでください。

育休中に留学する事は悪い事だと思ってますか?

こんにちは!鈴木寛子です!

今回は、育休中の留学についてお伝えしたいと思います。

お子さんができてからの育休中はたくさんの時間がありますよね。

初めての育児に奮闘されているママさん、2人目、3人目の育児で少し余裕のママさん。

もし育休中であるのならば、親子留学を1つの視野に入れてみませんか?

スポンサーリンク

親子留学をする事で日々の頑張りに少し休憩を

親子留学をする事自体が大変でそもそも負担になると思っていませんか?

実は、親子留学をする事で日々の育児や家事から少し解放され、自分のやりたいことを達成する事ができるんです。

私も一児の母なのでわかりますが、子供を産んでからって自分の生活が180度変わります。

今まで自由にできた事が、全て子供ありきで考えていくので、諦めたり後回しにすることもあります。

もちろん、自分の子供を育てていく中で、たくさんの喜びや愛おしさを感じるので母になる事って本当にかけがえのない事です。

それでも、たまにちょっと一息入れたくなるのも本音です。

例えば、実家に戻ってのんびりすることも1つの息抜きですが、それでも子供と24時間一緒にいるのは変わりありません。

子供と完全に別々の時間を過ごして、自分の好きな事を集中する事で、自分の幸せ度が上がってくるんです。

親子留学を育休中にする事は悪い事じゃない

今まで、お仕事をされてきて頑張ってきたママさん、育休中はたくさんの時間がありますが、育児に集中していると、気づいたら今日1日、大人と誰とも話してない!って事よくありますよね。

育児あるあるです。

今までバリバリに働いてきたママさんだからこそ、このギャップを埋められなくて、いつの間にかストレスを溜めていることもあります。

育休中は、何も育児ばかりに専念しなくてもいいんです。

例えば、次の復職までに自己啓発をされたっていいんです。

でも子供が小さい内はなかなか自分の時間が取れません。

もしあなたの夢が、復職後も活かせる英語に関してだったり、将来子供を留学させてみたい、もしくはワーキングホリデーの頃に行っていたオーストラリアにまた子供を連れて戻りたい!と行ったものだったら、その夢を親子留学として実現させても良いんです。

それができるのが育休中の親子留学です。

もしあなたがワンオペ気味でしんどかったり、やりたい事があるのに達成できないモヤモヤ感があるのであれば、オーストラリアの親子留学でそのストレスを発散することもできるんです。

親子留学でホームステイとチャイルドケアを利用するメリット

ホームステイは親子留学には強い味方だと思っています。

というのも、家事に関しては最小限やれば良いからです。

日本にいると小さい赤ちゃんの面倒を見ながら家事もこなして、でも部屋はまた子供に散らかされて、仕事から帰ってきた旦那さんに1日何してたの?って冷たい目で見られることもあります。

ホームステイであれば、食事の支度や家の掃除は全てホストファミリーが行ってくれます。

ママさんがやれば良いのは、洗濯を干すことと自分の部屋が少し汚れたら綺麗にするだけです。

そして、チャイルドケアでは日中の育児を全てオーストラリアの保育士さん達に任せれば良いのです。

その間、ママさんは語学学校に行ったり自分の好きな風に過ごせば良いんです。

時間がゆっくり流れているオーストラリア

日本の慌ただしい日々に比べて時間がゆっくり流れているオーストラリア。
子育てや女性にも優しい国なので、誰も何もあなたを咎めたりしません。
むしろあなたがハッピーじゃないと大問題です。

のんびりした環境で、何も考えず、お休みの日は公園に行ったりして子供とゆっくり過ごして自分を充電させてあげましょう。

まとめ

育休中に自分のやりたいこともやるっていけない事なんじゃないか?

自分は母親として、家事子育てを完璧にこなさなきゃいけないんじゃないか?

そんな風に思う事は私は全くないと思っています。

もし育休中に何かしてみたい!と思われているなら、是非こちらの記事も読んでみてください。

ママがハッピーになる親子留学プログラムについて見てみる

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました