留学するのに1歩勇気が出ない?留学はもっと気軽にできていいと思いませんか?そう思った方はこちらを読んでください。

大学生の休みを海外ボランティアで有効活用しませんか?

こんにちは!鈴木寛子です!

大学生のお休みは皆さんどんな事をされて過ごされていますか?

私は休みの度にアルバイトで貯めたお金で、海外に旅に出たりしていました。

その中でも初めてのバックパッカー先はブルガリアでの児童養護施設でのボランティアでした。英語もあまり通じない国でのボランティアはなかなか刺激的なもので、それがきっかけで自分のやりたいことなども真剣に考えるようになりました。

折角の長いお休みをボランティアで充実に過ごしてみませんか?

スポンサーリンク

まずはボランティアの種類から選ぶ

ボランティアには色々な種類があります。

発展途上国では、主に子供やコミュニティの手助けするボランティア。
先進国では、インターンに近い形のボランティアがあります。

ご自分の興味や得意分野でのボランティアをされるのもいいですし、全くした事がないボランティアをしてみるのもいいですね!

私は、ボランティア団体をたまたま見つけ、そこで登録して自分が希望するボランティア先を探し、決めました。

選ぶ基準としては、初心者なのであまり難しくない内容、そこまで危険でない国、期間を選びました。

ブルガリアなんて行ったことも聞いたこともない国だったですが、私も友達も児童養護施設で子供のお世話をすることを魅力に思い、そこを選びました。

オーストラリアのボランティアなら難易度も低め

もしボランティアを始めるのが初めてだったら、最初の国をオーストラリアに選んでみてはいかがでしょうか?

先進国なのに手助けが必要なの?と思うかもしれませんが、動物保護や幼稚園、老後施設などのボランティアがあります。

国も安全なので、初めてでも安心ですし、ボランティア内容も難しくないものばかりです。
またコミュニケーションが英語になりますので、英語を学ぶいい機会にもなります。

教育関係の仕事に就きたいなら幼稚園ボランティア!

kindergarten-volunteer

もしあなたが幼稚園や保育園、子どもに関わる仕事に将来就きたいと思われているなら、幼稚園ボランティアをお勧めします!

オーストラリアの幼稚園で実際にアシスタントとして働くことができる幼稚園ボランティアは、1週間からでも体験が可能です。

ボランティア内容は、子供の遊び相手、お手伝い、片付け、掃除など簡単なものになります。

海外の教育現場を学ぶことでオーストラリアと日本の教育の違いや、どんな遊具、おもちゃ、絵本などが使われているのか知ることができます。

また3ヶ月、ご都合によっては2ヶ月滞在することができれば、オーペアプログラムを使ってオーストラリアの一般家庭で住み込みながら子供の面倒や家事手伝いをすることで、24時間子供と関わることができる上、さらに滞在費を節約できますので効率的にオーストラリア滞在をすることができます。

>>詳しくはオーストラリアでオーペアを始めるならここを読もう!

ボランティアは就職活動へも有効な場合も

ボランティアをすることで就職活動の際に履歴書にアピールすることもできます。
ただ、「私はこの国でボランティアをしました」では、採用担当者には心にあまり響きませんので、
どうしてボランティアをしたいと思ったのか、ボランティア先での役割、ボランティアをしたことによって得られたこと、そしてそれを社会に出てどう貢献できるかという事を具体的に書けるようしましょう。

まとめ

沢山の時間がある大学生活にこそ出来ることしてみるのはいかがでしょうか?
観光ビザでできるものばかりですので、費用もそこまでかかりません。

もし海外ボランティアしてみたいなぁという方は次にこちらをお読みください!

オーストラリアの幼稚園でお仕事体験プログラムについて見てみる

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました