オーストラリアの救急車(Ambulance)呼んでみる!

こんにちはー!
ゴールドコーストからHIROKOです😊
ここ数週間、涼しい日が続いたかと思ったら、
また暑い日に逆戻り。
スコールを繰り返しているゴールドコーストです🌊
さてさて、題名にもありますが、
私、人生で生まれて初めて救急車を呼びました!
しかも、オーストラリアの🚐
自分が救急車呼ぶことって早々ないだろうと
思っていて、他人事のようにしていたんですが、
まさか自分の身に起こるとは。
おためして救急車呼んでみるとか絶対にできないので、
この体験をシェアしたいと思います!
事件?が起こったのは、土曜日の早朝です。
講師が、いきなり飛び起きて一階に行きトイレに
行ったんです。
その時は、なんでわざわざ下のトイレ?とか
思ってたんですけど、そのうちに嗚咽が聞こえてきて😩
えー、マジで?
食中毒?
それとも、胃腸炎?
とか思いながら朝を迎えました。
超グロッキーな講師。
ベッドに横になったかと思うとゲーゲー。
お願いだからみんなに移さないでって
思っていたんですけど、
「めまいがする」って言うんです。
胃腸炎に目眩???
と思い、ネットで調べてみたところ、
脱水症状が原因で目眩を引き起こすことがあるって
書いてあったので、
とりあえず水分を取らせる。
起き上がってまた飲むとゲー!!!
目眩って変だなーと思いながら、
立ち上がると吐くので、
タクシーもUberも呼べない状態で、
医者嫌いな講師ですが、
この時ばかりはおかしいと思ったらしく、
医者を呼んでくれと。
オーストラリアにはHome Doctorと言って、
時間外に来てくれるお医者さんがいるんです。
(しかもオーストラリアの保険証のようなものがあればタダ)
初めて使ってみました。
でも、オペレーターの人に、次の予約の時間は10時を過ぎてからって
言われました。
(意味ねー。。。)
多分土曜日はギリギリ午前中お医者さんやってるから、
それ以降の時間外を受け付けてるからなんでしょうね。
でも動けない人とかの対応はどうしたらいいんだろう😩
と疑問が湧きましたが、
そんなこんなで、なんとかお水を飲ませたりして、
10時に予約して、Home Doctoreが来たのは13時半頃。
お医者さんは一通り診断して、
最後に血圧測ったところで、
ちょっと止まる。
講師に、「ねぇ、本当に大丈夫?」と声をかける。
血圧がね、下が58しかないとのこと。
かなり危険な数値。
「奥さん、すぐに救急車呼んでください」
「え?!?!」
「きゅーきゅーしゃ?そんな悪いの?え?胃腸炎じゃないの?←しつこい」
え、ど、ど、どーしよ。
IWHPの安全講習会で救急車の呼び方は習ったけど、
え!!自分が呼ぶの!?ドクター呼んでくれないの!?😩
とりあえず、電話を取って、
「え、えーっと、番号は000だよな。。」
「た、たしか、最初にpoliceかFireかamburanceって聞かれるんだよね」
と、頭のなかグールグルでしたが、
見た目は平静を装いながら、
なんだよ、ここに英語話せるやつ二人もいるのに、
なんで日本人の私が電話しなきゃいけないんだよ。。。
と、ダイアルする。
緊張の一瞬。
電話口で、
“You have dialed emergency Triple Zero, your call is being connected”
と言われます。
う、うわーーー!!!ほんとに電話かけちゃったよ!!!
どーしよ、こんなの小学校の時にイタズラで110番したいらいだよ😓
(↑しかも警察だし)
そして、電話がつながり、
“Police, Fire, Ambulance?”
(でも実際、Policeのところが聞こえず、ちょっとアタフタ)
私:”Ambulance please.”
とお願いする。
“Which state are you calling from?”
どこの州から電話してますか?
と聞かれ、
“バーシティレークス”(←軽くパニクってる)
Suburb(地名)を答えてしまう私。
もう一度聞かれて、QLD(クイーンズランド)と答えました。
そしたらまた担当が変わって、
今度はSuburbと家の住所聞かれ、
やっと何があったのかを聞かれました。
私はとりあえず、
“My husband has been sick today and I called a home doctor.
He suggested me to call an ambulance.”
と説明。
旦那さんの様子は?とか聞かれ、
しどろもどろしていると、
やっとドクター代わってくれた( ;´Д`)
そして、事情を説明し、また私に代わって電話番号を伝え、
終了!
ホームドクターは詳細が書いてある診断書を私に渡し、
じゃあね〜、あとは頑張ってね的なノリで帰って行きました。
そこから5分くらいで救急車は到着。
”え〜、Home doctor帰っちゃったの?
いつも自分らが来るといないんだよなぁ”なんて
事を言いながら旦那を診察。
あれよあれよという間に、搬送が決まり、ゲロ袋を持たされながら
救急車に乗り込む講師。
私と子供3人は残され、その後は私だけEmergency(救急外来)に行きました。
ここまで冗談っぽく書いていますが、
このEmergencyで待っている間、
”もし重大な病気だったらどうしよう”
”緊急オペとかになったらどうしよう”
”入院?学校は?どうする?”
などなど、一人で色々と考えながら不安だったので、
日本にいる親友にLINE。
あー、娘を預けずに一緒にいれば少しは気が紛れたかも
とか考えながら、
Emergencyに来る人たちが、全く”緊急性”が見えない。
やっと講師の元に呼ばれ、言ってみると朝よりだいぶ落ち着いていました。
原因は、Vertigoと言われる、三半規管がやられているだろう病気。
ぐるぐる目が回って、常にビッグな船酔い状態が続くんだそう。
一時的な人もいれば、慢性的になる人もいるみたいです。
いやぁ、脳の病気とか心臓の病気とかじゃなくてよかった。
血液検査とか糖尿のチェックもしたそうですが、特に異常無し。
あれだけコーラとか飲んでるくせに、健康優良児😅
というわけで、かなりヒヤヒヤな週末でした!
講師の目眩は、次の日もしばらくあったんですが、
雲梯にぶら下がったら途端に良くなったらしいです笑
今回思ったのは、IWHPのポリスからの安全講習会、聞いておいて本当によかったなって思いました。
この際だから、蛇に噛まれた時に処置とかも本気で知っておいたほうがいいと思いました💦
皆さんも、備えあれば憂い無しですよ!
海外での緊急事態!オーストラリアは000(ゼロゼロゼロ)です!
それでは〜

The following two tabs change content below.
4年制大学卒業後、中小企業で4年間勤めた後、ずっと夢見ていた海外生活をワーキングホリデーでオーストラリアに渡航! 土ボタルツアーガイド、カフェ、クリーナーや寿司屋など色々な仕事を経験。また学生ビザで再度渡航し、グラフィックデザインを勉強。 ワーキングホリデーが自身の人生を大きく変える。 Hello, Nice to meet you. My name is Hiroko and I am a Student adviser at I.W.H.P. I have been living in Australia for 9 years. I came here on a working holiday visa in 2009. I love travelling but I have always dreamed about living in another country. I believe that Australia is one of the most beautiful countries in the world and that the culture, nature and character. I have always wondered what it looks like?What I can learn? What the differences between my country and other countries are? Of course the purpose was studying English. I’m still learning a lot of things so it never ends. Learning another language is very useful and fun and I’ve been able to meet a lot of people because of my English. No it is your time to change your life!! I.W.H.P is always here for you to help living in Australia.

関連記事

  1. シドニー街編その①

  2. フード天国シドニー

  3. 新しいパシフィックフェア(Pacific Fair)

  4. ケアンズ ショートトリップ② フィッツロイ島

  5. ALDI OPEN!!

  6. 暑いし、師走だし・・・

言語

en_AU

デミペア資料無料ダウンロード

デミペアの疑問を全34ページにまとめています!
デミペアでの過ごし方は?
デミペアではどんな食事がでるの?
英会話方法まで!
頂いたメールアドレスにダウンロードページを添付しております!

最後まで読んでいただいた方にはお得な特典付き!

ワーホリ留学準備メルマガ

最近の記事 おすすめ記事
  1. demipair