留学するのに1歩勇気が出ない?留学はもっと気軽にできていいと思いませんか?そう思った方はこちらを読んでください。

<2019年版 >オーストラリアの海外旅行保険の比較

australia insurance

こんにちは!鈴木寛子です!

今日は皆さんからご質問をいただく中のトップ3に入る長期海外保険旅行についてです!

オーストラリアで使う携帯電話に次いで、皆さんどこの保険を使おうか迷われるものの一つかと思います。実際にどこがいいのか検証してみたいと思います!

スポンサーリンク

①日本の海外保険

日本の海外旅行保険ってどこもピンキリ。。。

私も調べてみましたが、やっぱり大した差がないのが現状。。。e海外旅行保険をよく使って比較しています。

試しに大手保険会社、A○Uさんですが、
insurance-2
フル保険、12ヶ月で24万とか。。。
ありえない!!!!

当語学学校で16週間英語学べちゃいますよw

で、この留学/ワーキングホリデー兼用タイプってところへ行っていただくと、A○Uさん以外にもその他4社のとの保険金額が表示されます。

残念ながら、どこも20万円代のところが多い中、
こちら↓東京海上日動さんの保険金額。
insurance-3
他社さんよりもだいぶ落ち着いた金額になっています。
傷害死亡や疾病死亡を入れなければだいぶ安いですね。
もしみなさんが、病気やトラブルが心配でキャッシュレスで対応してくれる方が良いようでしたら、こちらが今の所一番お手頃です。

こんな人にオススメ!
日本語で安心して対応してほしい。
全てキャッシュレスがいい
よく病院を使う。

②手間と英語を惜しまないならばユニケアさん

以前もご紹介しましたが、ユニケアさん。
全額負担とはいかないものの、保険料も1年間9万円ほどで済むのでなんとも魅力的な保険です。

加入も国外から加入できますので、オーストラリアでちょっと心配になって加入するということもできます。

ただ、病院に行ったらまず全額負担をし、その後クレームと言って診察内容を申請してその差額を受け取れます。クレームは全て英語で行いますのでちょっと手間がかかります。

>>クレームの仕方はここからご覧ください

保険の条件はありますので、詳しくはユニケアの日本語サイトを熟読してください。
ユニケアさんのいいところは一部歯の治療もカバーされていることです。
またある一定期間保険加入予定の方は、上記のサイトが無料でお申込み代行してくださるようです。
フォームが日本語で記入OKというものもあります。
これは少しありがたいですね✨

こんな人にオススメ!
保険料が安いところを探している。
全額負担ではなく、クレームという処理が必要
健康体だからあまり病院を使わない!

③手間と英語を惜しまないならば OVHC保険

そして、最後の保険はOVHCです!

英語サイトしか見つからなかったので、詳しくはこちらのサイトがいいかと。

こちらすごいですね!
もともとはオーストラリアで働く人のために作られた保険みたいなんですが、ワーキングホリデーはもちろんのことビジタービザ(観光ビザ)、親子留学で来られる方のためのガーディアンビザの方も
対象となる保険です。

しかも、こちらのGPという一般医療(大体皆さん初回はこちらにかかります)で診察ができて、しかもキャッシュレス対応!
(あとから請求はユニケアといっしょ)

こちらって救急車呼ぶとお金かかるんですが、そちらもカバーされてるそうです。
保険も、月払いができたり、延長、再加入、途中キャンセルの払い戻しも可能みたいです。

英語で記入したり、もちろんお医者さんは英語ですが、遠くの日本語対応してる病院に言ってる暇がない!というときには便利かも。

バジェット(格安タイプ)とフルタイプがあり、フルタイプでも1年間約13万!

そして、気になるキャッシュレス対応のお医者さんですが、当語学学校の周りを検索してみたところ、、結構あります!

これだけあれば十分なくらいですw
いかがでしたでしょうか?

まとめ

日本の海外保険は、

キャッシュレスで便利ですが金額が高め。
ゴールドコーストには日本語が使える病院あり。

私絶対海外で何かやらかす!体調悪くなる!って人には、日本の保険がオススメかもしれません。

海外で加入できる保険ユニケアとOVHCは、

  • 金額が抑えられますが、英語漬けになりますw
  • 若干手続きが面倒くさいです。
  • 一旦、医療費を自己負担です。
  • 再加入や途中解約など融通が利くところも。

ただ、この面倒くさい作業も、経験すれば
自分の経験値になりますので✨←ポジティブw

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました