留学するのに1歩勇気が出ない?留学はもっと気軽にできていいと思いませんか?そう思った方はこちらを読んでください。

親子留学でいざ出発!子連れで飛行機の過ごし方

こんにちは!鈴木寛子です!

子供との公共機関に乗るのは、なかなか準備がいるものです!
赤ちゃん泣いたりしないかな。。子供がうるさくしたらどうしよう。。など心配事もつきものですよね!

私も、自分の娘が9ヶ月の時と2歳の時に飛行機を体験しています。
心配してもどうにもならないのですが、事前に風邪引いてしまったりとハラハラしました?

と言うわけで今回はお子さんがいるママさんの飛行機での過ごし方についてご紹介します。

スポンサーリンク

1歳未満のお子さんを持つママの飛行機の中での過ごし方

私の娘が9ヶ月の時は、授乳、オムツ替え、離乳食、お昼寝の日々のルーティンを繰り返せば良かったので特に問題ありませんでした、小さかったし私の膝の上で過ごすくらい。

たまに後ろの日本人のお姉様方に遊んでもらったりと、快適な飛行機を過ごしました。

哺乳瓶や離乳食の温めが必要な時はCAさんにお願いすれば温めてくれますし、すごい子供好きのCAさんに当たると、自分がトイレに行ってる間に抱っこしててくれる時もあります。

少し大変だったのはオムツ替えの時です。
トイレに一応おむつ交換台があるんですが、何せ狭い!!!!!
娘が落ちるんじゃないかとハラハラしたし、自分も身動きが取れないので苦労しました。

娘は早速、オムツからおしっこが漏れてしまい、洋服もびしょびしょになってしまったので、
替えの洋服や余分にオムツを持って来ておきましょう。

私は機内に持ち込んだオムツは5枚ほどでした。

グーン パンツ M (6~12kg) 76枚 まっさらさら通気

また赤ちゃんによっては、気圧の変化で泣いてしまう子もいると思います。
飛行機に乗る前に沢山遊ばせて体力を消耗させて、寝かせる、もしくは離発着の時はおっぱいを飲ませるなどして気圧対策をしましょう!

授乳、オムツ替え、離乳食、お昼寝の日々のルーティンを繰り返す
替えの洋服やオムツは手荷物に余分に持ってくる
離発着時におっぱいを飲ませるなど気圧対策を!

1歳以降のお子さんを持つママの飛行機の中での過ごし方


前回の帰国での彼女。

どちらかというと、動き回れる2歳の時の方が大変でした。
というのも、ゴールドコーストから日本行きは昼間の便。

あの狭いスペースで、大したおもちゃもなく、やることが尽きてしまったのです!そして飽きる!
4、5歳になると少しじっとしてくれる時間もあるのかもしれませんが、飛行機という特殊な環境で、娘も興奮気味?

お昼を食べてお昼寝してくれましたが、1時間ほどで目がさめてしまい、そこからはノンストップ。

絵本や塗り絵など持って行ったのですが3分くらいで飽きるw (飛行機の時間は9時間)


プリンセス [ディズニー・おはなしぬりえ 12] ([ぬりえ])

多分2歳にまだ塗り絵は早く、絵本だって一瞬で終わりますもんね。。
新しいおもちゃ持ってくれば良かったと思いました。

そして、私の間違いで、携帯に映画をダウンロードしてたのですがオフラインでは使えない設定になっていて、JET STARの映画の予告編をひたすら見せるという結果。(それも3分くらい)

みなさん、映画をダウンロードした時はオフラインでも見れるかちゃんと確認しましょう!

たまに歩かせたり、外を見せに行ったりするのですが一瞬で終わります?
たくさん持ってきたはずのお菓子も底をつき始めるという始末。

私一人で行きは連れて行ったので、他の誰かがお世話してくれるわけでもないので、結構ぐったりしました。

映画は神です!ちょこちょこ見ることができるようにオフラインでダウンロードしておきましょう!
なるべく長く遊べる新し目のおもちゃを持って来ましょう!(飛行機に乗るまで開封不可!サプライズにする)

手荷物は最小限に、欲張らないこと

私は手荷物しか持っていかなかったので、その手荷物を運ぶ(二人分)+2歳児をおんぶで肩が外れそうになりました。。。できるだけ荷物はスーツケースにまとめて、手荷物は最小限の方がいいです?

図々しくも隣の方に飛行機出てから近くに座っていた人に荷物運ぶの手伝ってもらいました。

飛行機降りる階段と登りの階段。空港で会った母にも、どこの戦時中の人が出てきたのかと思ったと言われる出で立ちでした?

最後に

赤ちゃんや子供の性格によって様々ですが、お互いが快適に過ごすためにも

お子さんの性格や生活リズムを熟知して、最低限何を持って行ったらいいか考える!
これに尽きないと思います。

私も子供ができて初めて、子供を連れた公共機関での過ごし方がいかに大変か身に沁みてわかりました。
もしお母さんの言っていることが理解できる年齢でしたら、事前に何をするのかどこに行くのか、飛行機に乗っている間のお約束とできたら何ができるのかを伝えてあげると、良いのかもしれません。

皆さん、是非頑張って飛行機を乗り越えてください!

ママがハッピーになる親子留学についてはこちらから

Follow me!

コメント

タイトルとURLをコピーしました