留学するのに1歩勇気が出ない?留学はもっと気軽にできていいと思いませんか?そう思った方はこちらを読んでください。

オーストラリアでラウンド!女2人男1人のロードトリップ奮闘記DAY8

australia roadtrip

IWHPのブログへ遊びに来てくださり今日もありがとうございます?
ゴールドコーストからHIROKOです。
いやいや、週末から今日まで雨、雨、雨☔️のゴールドコーストです。
しかもですね、ちょっと止んだかな〜と思ったら、
いきなりバケツひっくり返したみたいな雨!!!!
雷もそうですが、雨もスケール違いますね、オーストラリア。
週末は生徒さんをお家へお招きして、BBQ。。と行きたかったところなんですが、
雨でしたので、室内でローストチキンをいただきました?
講師の作る料理はなんでも美味しいです❤️
ローストチキンだって、日本だったらクリスマス以外滅多にお目にかからないだろうな
って感じのチキンの丸焼きをさらっと作ってくれます。
是非みなさん機会があれば。。。なーんて。
それでは、今日も元生徒さんによるロードトリップ、後半戦行ってみましょう!
Day1のお話はこちら
Day2のお話はこちら
Day3のお話はこちら
Day4のお話はこちら
Day5のお話はこちら
Day6のお話はこちら
Day7のお話はこちら

8日目 ボンバラ、昨夜の嵐からの朝。
寒さは今まででダントツNo.1。
夜中に何度目が覚めたか。体の節々がいたい。雨もパラパラと降っている。
朝会う人みんなに、昨日テントに泊まってた人達?寒かったでしょ!と話しかけられる始末。
そう、周りにはキャンピングカーしかいなかった。
Kmartの安物でこの寒さを乗り越えたのは私達は勇者なのだ、
ありがとう愛おしい私達のテントよ!!よく頑張った!
前回も話したがキャンプ場のレセプションが閉まるのはとても早い。
今回もレセプションが空いている時間に着かなかった。
しかし、今回は事前に電話していたので、勝手に好きな所にテントを立てて、朝事務が空いてなかったらお金置いといて、との事。
のろのろと準備をしていると、気付けば11時。とってもゆるいくてチャーミングなbombala caravan parkでした。

さて、今日は移動の日、早速出発!と思ったらヨーダが懐から徐に何かを出してきた。 見てみると、platypus(カモノハシ)の保護区のパンフレットだった!
興奮を隠せない3人は早速予定を変更して保護区へ急行!
キャンプ地から15分ほどで到着。

パンフレットによると、一応何時でも見れるのだが、
早朝と夕方が絶好の観察時間らしい。
今は11時すぎ、はたして見れるのか…3人の間に緊張が走る。
期待に胸躍らせ待つが、やはり現れない。
今日platypus見れたらもう何もいらないよねー!なんて話しながら待ってみる。
ふと当たり前の事に気付く。
こんなにうるせー3人がいて、野生動物が出てくる訳がない。
当たり前だ、私だってこんな変人3人組に近づきたくない。
そして大人しく黙って観察することに。
パートに分けて見張る。
コジローが左、ムサシが真ん中、ヨーダが右。 と、見始めた瞬間!
ヨーダのなんとと言えない声!!
その先には、まさかのplatypus!!

初めから静かにしとけばよかった!!こんなに簡単に見れてしまうのか!! と興奮が絶好調に達する3人。
しかし、ムサシはメガネを忘れて黒い物体しか見えない。
なんとと残念なパターン。
おまけに近くにいたひつじに近付いても逃げられる。傷付く。
そのあと何度か顔を出してくれたplatypus。
しかし雨が降ってきたので後ろ髪引かれながら退散。
こんな感動、もう味わえない。
そんな気分になった。
帰り道に沢山のひつじの群を見つける。
platypusの興奮が忘れられない私達は寄り道して近くまで行って見ることに。
到着するとひつじ、またしても逃げる逃げる。
さらに傷付くムサシ。
わざわざ近くまできたのにあっという間にさっき私達がいたあたりまで退散してしまうひつじたち。
でも景色は最高。我らのミチビチミラージと一緒に撮った写真は失敗したながらなかなかの出来。 どこを撮っても絵になる、オーストラリア、最高かよ!

気がつけばもう3時すぎ、車を停めて昨日作ったお弁当のサンドイッチ休憩。

オーストラリアあるあるだけど、こっちくるとバーベキューの上級者になるよね。
公園など色んなところにあるバーベキュー場所、貧乏旅行の私達は本当に助かってます!!
そこで重要なアイテムのご紹介。私が絶対欠かせないのがステーキナイフ!!

これは学校のバー ベキューパーティーから盗んだ技だがこのアイテムのすごさ!
色んなブログにもある通り、オース トラリアの包丁はまじで使いにくい。
そこで出てくるのがこれ!
めちゃめちゃ切れる上に軽い!小さい!少なくとも一本は持つのをオススメ!
あとは普通にアルミホイル、ラップ、フォークとお皿とコップ(私達は紙の使っていましたが、プ ラスチックの1人一個あるといいかも)食器洗剤、これがあればあとはなんとかなります!
最悪お皿もなくてもアルミホイルでオッケー!
外食が高いこっちではとりあえずあったかいご飯がたべれることに感謝!

昨日の極寒を耐え抜いた私達は自信を持って今日もテント生活。 昨日に比べたらどんな夜も耐えられる気がする!!
お昼がほぼ夕方に食べたのでお腹がすかず、急いでテントを立ててシャワーへ。
今日はぐっすり眠るぞと思った矢先、空腹感がムサシを襲う。
そうなのだ、ムサシはコーラが切れた時と空腹のとき、キレ散らかすのだ。
コジローが背中を押し、慌ててムサシを彼女の聖地、マッカス(マクドナルド)へ連れて行くヨー ダ。
お腹が空いていないといいながら自分もなんだかんだビックマックを食べる。
(コジローは冷 たくも着いて来てはくれなかった。彼女はそういう人だ、とても冷たい)
そして満腹感の中、きた道を戻ろうとする2人。
しかし、ムサシは気付いてしまった、自分達が真逆に走っている事を。
そう、ヨーダは大がつくほどの方向オンチなのだ。
まさにワンピー○のゾ ロのように笑 絶対に真逆の道を選んでしまうのだ。
帰って来た私達を見たコジローの瞳は、本当に着いていかなくてよかったと語っていた。
なんだか切ない夜、今日は事前にコインをレセプションで交換してもらっていたので、無事にラ ンドリーを使って就寝。
ランドリー、大事。
<今日の宿>
BIG4 Traralgon Park Lane Holiday Park
5353 Princes Hwy, Traralgon VIC 3844
(03) 5174 6749
https://goo.gl/maps/7uSMy2agPG72
<今日の走行距離>

うわー!気づいたら8日まで来ました!残り4日です?
ていうか、ムサシの動物好き振りってすごいですよね。気づきました?みなさん。
本当にすごいんですよ笑
旅の最終目的地、Melbourneまであともう少し!ヨーダがんばれ!
ミチビチミラージュがんばれ!

ゴールドコーストの語学学校「IWHP英語学校」のご案内

 


Follow me!

タイトルとURLをコピーしました